4月 引越し

4月の引越し

 

ゴールデンウィーク直前の4月に引越しをしましたが、平日だったので、費用は4万円程度。

 

2トントラック1台、作業員2名です。

 

しかも、最初に予定した日程から、ずらすことになったときにも、トラックの都合をつけてくださいました。

 

こちらに決めるまでに何件か電話をしましたが、他の引っ越し業者はその場で決めてほしいような押しの強い言葉が多かったのですが、こちらは丁寧で柔軟な対応をしてくれたので、好感がもてました。

 

引越し当日は、現在は廃盤で大事にしている回転式クローゼットが傷つかないように、部品を外して、現地で組み立て直すという対応をしていただいて、助かりました。

 

荷物が少ない方ではありましたが、手際が良く、また、感じのいい方たちで安心して任せることができました。

 

新生活なら家電や家具等は新しいものを買って、電気店から配送した方がいいかと思います。

 

近県ならば、すべてのものを一気に運ぶ必要はないので、次の季節の物は実家に置いておいて、取に来る方が荷物が少なくて済みます。

 

また、スーツやコートなど、しわになるのが困るものは、たたまずにハンガーをひっかけることができる箱を引越し業者にお願いして、もらうと便利です。

 

引越しと同時に大掃除を兼ねて、不用品はオークションサイトで売ったり、本などはブックオフ等の古本屋で売ると、荷物が減るだけでなく、意外におこづかいが稼げます。

 

公共的なことは住所変更は真っ先に行うと思いますが、意外にネットショップの住所変更は忘れがちなので、利用するネットショップは確認した方がいいと思います。

 

 

繁忙期の4月でもお得に引越しできる方法

 

時間に余裕があるのならば、引越し準備はゆとりをもって進めたいものです 。

 

春先や4月はどうしても引越しが集中するので、一日違っても値段や業者さんのゆとりがかなり異なります 。

 

出来ればシーズンをずらした方が双方にメリットがあると思います 。

 

又、業者は、私は当時CMでやっていたアート引越センターの単身パックを利用しましたが、今は一括見積もりサービスなど便利なサービスがありますので、事前におおよその価格を把握しておいた方が話しが進めやすいかもしれません 。

 

持ち物にもよると思いますが、おおよそトラック何トンが何台なのか 。

 

大体の部屋の間取りなどで何十万かかるのかが把握できると思うので、知った上で初めて価格交渉が可能です 。

 

又ダンボールに入れたものを記載し、どこの部屋へ置きたいのか 。

 

部屋が分かる平面図を引っ越す時と引越し先の玄関先の壁に貼って、その平面図に??など番号を振り、作業員の持参してくるダンボール箱を?の部屋へ 。

 

とか?の部屋へ 。

 

など的確に指示出来ると、引越し後の片付けがとても楽です 。

 

後で、ダンボールを持って運ぶ労力が少なくて済みます 。